NHKの受信料はいくら?しつこい、払わない、うざいの苦情!

<FODについての注意書き>

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了します。

NHK 受信料 いくら しつこい 払わない うざい 苦情

Dr.エモー

訪問ありがとうございます!!
今回も人々の声(People's Voice)を代弁していきますね!!

サクッと『NHKの受信料はいくら?』

NHK 受信料 いくら しつこい 払わない うざい 苦情

出典元:Wikipedia

NHK受信料いくらという声をちょくちょく聞きますが、

『しつこい』『払わない』『うざい』の苦情もお盛ん。

お怒りモードな人が多いだけに、NHKの受信料問題はずっと続きそう。

 

まずは、NHKの受信料がいくらなのかを知ろう!!

ということでNHKの受信料がいくらなのかと言うと、基本的には、

1,310円(地上契約の場合)

2,280年(衛生契約の場合)

となります(消費税が8%になった)。

(【参考】NHKの受信料はいくら??の記事が一番参考になります。)

それでは、"PV Exploooooooosion" いってみよ~

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『しつこい!払わない!うざいの苦情!』

PV戦隊エクスプロージョン出動!!

PV戦隊エクスプロージョン出動!!


アンガ郎『怒りのアンガ郎の声』

ムキーッ!!ヌガーっ!!あ゛ぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁ!!

という具合に、NHKの受信料を払わされることにお怒りモードの人は結構います。

やはり、”観ていない” のにも関わらず、受信料をNHKから請求されるのがイヤみたいですね。

それに、テレビ離れが加速している昨今、若者たちって家にテレビが無いんです。

 

となると、NHKを観れないのに受信料を支払わされるのが辛くなってきますよね。

まぁ、携帯やスマホで観れるから、受信料を徴収してもイイのだ!!というのが大方のNHKの主張。

 

で、2016年現在、最高裁まで受信料の未払いを巡ってとある男性が法廷でバトル中・・・

 

まさに、この男性はNHKの受信料を払うのが大嫌いな人々の代表的存在。

つまり、ある意味、英雄的な立ち位置であることには変わりないですよね。

なので、彼の勝利を祈って、NHK側が負けることを願っている人がたくさんいることでしょう。

 

そもそも、スクランブルにすれば良いのに、なぜかNHKはそれをしないのが不可解との声もあります。

受信料が千いくらだったりするワケですが、最近の不景気も後押しして払わない!!と主張する人も多いです。

そして、徴収に来る人(NHKの下請け)たちが “しつこい” や “うざい” という苦情もちょくちょく耳にします。

確かに、その気持ちもわからなくもないが、NHK側も受信料を支払って欲しいと腹立たしく思っているはず。

 

まぁ、これだけ反発している人が多いのですから、NHKもそろそろ諦めれば良いのに。

あと、以前にNHKを観れないテレビをとあるメーカーが開発したようですが、それもお蔵入り。

どーゆーことやねん!!とお怒りになる人も少なくないとは思いますが、まぁそういうことですよね笑

 

とりあえず、払わないことを心に決めている人たちからすれば、

NHK いらない

NHK うざい

NHK 苦情

NHK しつこい

NHK 潰す

NHK テレビない

NHK 払わない

NHK 払ってる

NHK むかつく

NHK 嫌い

NHK ずるい

NHK ぶっ壊す

NHK ぶっ潰す

という感情でいっぱいでしょう(※NHKがウザくても、ぶっ潰すのはやってはいけません!!)。

今日も日本のあちこちで、このような苦情がたくさん噴出しているはず。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『NHKの受信料問題で嫌いになる人たち』

佐渡ネス夫『悲しみの佐渡ネス夫の声』

さて、そんな感じでNHKが大嫌いな方々って日本中にいっぱい居るワケですが、

NHKはかなり悲しんでいることでしょうね。

まぁ、誰しも嫌われたり、苦情を言われたりするのは非常に辛い。

じゃあ、人が嫌がる受信料の徴収を止めればイイじゃん!!と思ってしまいますが、

そこは収益として無視ができないNHKですよね。

 

やはり、背に腹は代えられないというか、昔からの今まで通りに受信料をみんなから徴収したいのでしょう。

確かに、NHKの番組をバンバン観ていたなら、支払いの義務が発生することには賛同できます。

でも、さすがに観ていない方々からすれば、それって受信料を寄付しているのと同じようなもの。

サービスの対価として支払うお金だけに、1秒も観ていない人々も受信料を払うのは異常でしょう。

 

そして、NHKを観ない人々からしたら、詰まらないからNHKの番組を観ないのであって、

毎年のように “あまちゃん” クラスのヒット作を出せば話は別かもしれません。

とは言え、過去の栄光が素晴らしいあの月9ドラマでさえ、近年は過去最低視聴率を快調に更新中。

やはり、テレビ業界のコンテンツの陳腐化が激しくなってきていると、多くの人々が悲しんでいるはず。

 

まぁ、放映すればジャンジャンとテレビを観てくれる社会ではなくなったことですから、

NHK含めテレビ業界は次なる施策をキチンと打っていくことが先決でしょうね。

受信料の支払いをせがむのではなくて、観てもらえるコンテンツ作りが重要だと思うのです。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

『NHKの受信料』by Dr.エモー

Dr.エモー
『Dr.エモーがまとめると・・・』

なるほど、NHKの受信料はいくらかと言うと、数千円なワケですが観ていない方々からすれば謎の出費。

それに、スクランブル放送にして欲しい人々が増えている中、それをやらないNHKはどうなってるの??と嫌いになる人もいるはず。

まぁ、NHKもちゃんと収益を出す必要がありますが、しょうがないかもしれません。

 

とは言え、徴収に来るNHKの下請けにイラついて、NHKをさらに嫌いになってしまう人は増え続けるでしょう。

そして、遂に最高裁まで行ってしまった、NHK側と受信料未払いの男性のバトル。

この結果が今後のNHKの受信料問題に大きな影響を及ぼすのは言うまでもないです。

ただ、恐らく、何かしらの力が働いてNHKが勝訴してしまいそうで怖い。

 

嗚呼、NHKの受信料ほど不可解なものはない気がする・・・

最後までお読み頂きありがとうございます!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめリンク集

ページ上部へ戻る