田中陽子の現在までのサッカーの軌跡!山口市の小学校からスタート?

<FODについての注意書き>

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了します。

Dr.エモー

訪問ありがとうございます!!
今回も人々の声(People's Voice)を代弁していきますね!!

サクッと『田中陽子の現在まで!!』

%e9%81%93%e3%81%ae%e3%82%8a

出典元:無料素材(photoAC)

女子サッカーの中でもひときわ輝く、かわいい選手である田中陽子さん。

現在までのサッカー選手としての軌跡を、山口市小学校時代から振り返ります!!

キュートなルックスの田中陽子さんだけに、これからもファイトです!!

それでは、"PV Exploooooooosion" いってみよ~

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『田中陽子の現在までのサッカーの軌跡!山口市の小学校からスタート?』

PV戦隊エクスプロージョン出動!!

PV戦隊エクスプロージョン出動!!


トラすん『信頼のトラすんの声』

山口県山口市で育ち、山口市立小郡小学校を卒業すると日本サッカー協会が運営する中高一貫のエリート選手育成機関JFAアカデミー福島に一期生として入学。

2008年のU-17女子W杯では飛び級となる15歳で選ばれ、2010年の同大会では全試合スタメンで出場し6試合で4ゴールと準優勝に貢献し、2012年にアカデミー卒業後はINAC神戸レオネッサに入団。

2012年に日本で開催されたU-20女子W杯では6試合で6ゴール2アシストの活躍で、同大会日本初の銅メダルに貢献し、6ゴールで同大会の得点ランキング2位となりシルバーシューズ賞を受賞したばかりではなく、山口市からもスポーツ特別表彰までも受賞しました。

 

しかし、所属していたINAC神戸に戻ると、当時は澤穂希選手を筆頭に日本代表を擁する常勝軍団、常時スタメンに名を連ねることができませんでしたが、2013年には日本代表にも選出され、更なる飛躍を期待されましたが、2014年は入団してシーズン初の無得点に終わり、2015年から当時なでしこリーグ2部のノジマステラ神奈川相模原に移籍することが発表された。

世代別で現在までに類まれない活躍を見せた田中陽子選手だが、他の日本人選手と比べても体格的に恵まれてはいなかったこともあり、筆者も2部移籍の報道を知った時、このまま消えていってしまうのではないかと残念な思いを抱いたものです。

 

2015年夏に、なでしこリーグ2部のノジマステラ神奈川相模原の試合を観る機会があり、久しぶりに田中陽子選手のプレイを観たのですが、時折際立ったプレイは見せるも、夏真っ盛りということもあったかもしれませんが、運動量も少なく周りとのコンビネーションもちぐはぐで後半途中で交代となりました。
同年なでしこリーグ2部も終盤を迎えた頃に、改めて観た田中陽子選手は前回と見違えるほどチームにも溶け込んでおり、彼女自身のプレイも自身に満ちたものでした。

 

リーグ戦は最終的に2位に終わり、なでしこリーグ1部コノミヤスペランツァFC大阪高槻の入れ替え戦は2試合合計で2-2となり1部昇格は果たせませんでしたが、久しぶりに田中陽子選手の姿をテレビ映像で見た人も多かったのではないでしょうか。

2016年ノジマステラ神奈川相模原は、なでしこリーグ2部で順調に勝ち点を積み上げ2部リーグ優勝、2017年なでしこリーグ1部への昇格を決めました。

田中陽子選手は再びノジマステラ神奈川相模原で昔の輝きを取り戻しつつあります。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『山口市の小学校時代から田中陽子はズバ抜けていた??』

サプラス丸『驚きのサプラス丸の声』

山口県山口市出身の田中陽子選手、大活躍した世代別の国際大会の後には幼い頃の彼女をしる人から多数発せられました。

「陽子は、幼稚園の頃から運動神経がズバ抜けていました。サッカーが一番好きでしたが、マラソン大会でもずっと1位。水泳でも強化選手レベルのタイムを出していましたよ」

「昔からサッカーばかりして遊んでいました。小学校では給食をクラスの誰よりも早く食べて昼休みに遊ぶためのボールをキープしていました。幼稚園の時にサッカー選手になると言っていたので、その夢を実現して凄いと思います」

 

今の豊富な運動量もマラソン大会で、ずっと1位だったという話を目にすると納得しますし、小学校での生活ぶりは平成生まれの女の子というより昭和生まれの男の子のようですよね。
また、幼稚園時代に入団した山口市のサッカークラブ・FCレオーネの当時の監督は「幼稚園の年長で入団した当時、たしか女子は陽子だけ。でも走るのも速く、ボール扱いも上手でした。女性とは思えないほど周囲もびっくりしていましたよ。」

などなど当時の彼女の話を聞いていると、女の子として運動神経がズバ抜けていたのも分かるし、それ以上にサッカーに対する情熱もズバ抜けていたように感じられます。

 

そして、そのFCレオーネ時代で一緒にプレイしていたのがリオ・オリンピックの日本サッカー代表MFの原川力選手(川崎フロンターレ)というのですから、サッカークラブのレベルも相当高かったように思えますよね。
最近の彼女を見ていると、幼い頃からサッカーに寄せる情熱は現在までまだまだ失われていない気がします。

もう一度、彼女が日本代表のユニフォームに袖を通すのも、そんなに遠い話じゃないように思えてきます。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

『まとめ-田中陽子さんの現在までの軌跡!!』by Dr.エモー

Dr.エモー
『Dr.エモーがまとめると・・・』

どうでしたか??

今回は田中陽子さんのサッカー選手としての軌跡をまとめてみました。

小学校時代から運動能力に優れ、サッカーのスキルもピカイチだった田中陽子さん。

しかしながら、サッカー選手として、人生の浮き沈みがあるのは仕方ないこと。

現在もサッカー選手として頑張っていますが、末永くキラキラと輝く笑顔でプレイして欲しいですよね。

私にとって、、田中陽子選手はアイドル兼サッカー選手ですね。

最後までお読み頂きありがとうございます!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめリンク集

ページ上部へ戻る