大谷翔平のメジャーの評価や契約金、移籍金!2017は無理だが?

<FODについての注意書き>

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了します。

Dr.エモー

訪問ありがとうございます!!
今回も人々の声(People's Voice)を代弁していきますね!!

サクッと『大谷翔平のメジャーの評価や移籍金』

70e645a9ccba3071ef91366a2a58f031_s

出典元:無料素材(photoAC)

大谷翔平メジャー評価はどうなん??

契約金移籍金も気になる!!

2017年にメジャー移籍は無理だが・・・

それでは、"PV Exploooooooosion" いってみよ~

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『大谷翔平のメジャーの評価や契約金、移籍金を予想!』

PV戦隊エクスプロージョン出動!!

PV戦隊エクスプロージョン出動!!


アンティちゃん『未来予測のアンティちゃんの声』

野球ファンの間では周知の事実ですが、大谷翔平選手はかねてからアメリカのメジャーリーグでのプレーを最大の目標に掲げている選手です。

もともとはドラフトを通して日本の球団に入ることすら考えてはいなかったほど。

その中で日本ハムファイターズが強行指名して彼とその両親を説得、また最初からメジャーに行って成功する確率と日本の球団を通してメジャー入りする確率を様々な方向から勘案した資料を独自に作成するなどして、大谷選手を口説き落としたという経緯があります。

その年の一番評価の高い選手をポジションに関係なく指名するという日ハムの流儀にのっとった指名でした。

だからこそ早期の大谷翔平選手のメジャーリーグ流出というのは、ファンであれば最初から予想していたことではありました。

その中でこのオフシーズンに契約更改を終えた大谷翔平選手、そして日ハムのフロントも、来年オフでの大谷選手のメジャー挑戦にGOを出したというニュースが流れ、一気に報道が過熱している所です。

さて、もし現状の大谷翔平選手のレベルでメジャーへ挑戦した場合、メジャーはどれ程の評価と待遇をもって彼を迎え入れるのでしょうか。

その評価を知る一つの指針として、動きそうなお金の額を少し考えてみましょう。

実は今回、メジャーリーグの労使協定が変更になってしまい、もしこのまま大谷翔平選手が来年にメジャーへ行く気なら受け取る額がかなり低く抑えられることになってしまいました。

規定上、「これしか払えない額」は後半の部分で取り上げるとして、とりあえず前半部分では、「評価されている実力上受け取ることが出来るはずだった額」について取り上げたいと思います。

さて、メジャーで年棒総額が2億ドルを超える選手というのはほんの一握りです。

マーリンズのスタントン選手の契約金が13年総額3億2500万ドル(年棒2500万ドル)の巨額契約だったことが日本でもニュースに出ていましたが、とにかく年棒で2000万ドルを超えるのは超が3つくらいつくスター級の扱い。

例えばダルビッシュ選手は最初に結んでいた6年契約が2017年シーズンを最後に終わります。

その後FAとなる彼と契約するには同様に契約金込みで年棒2000万ドル以上の契約が求められるという報道もされていますが、ダルビッシュも今や大リーグでベスト9のピッチャーの一人に上位で入るレベルと評価されている選手です。

ちなみに元広島の前田選手が結んだドジャースと結んだ契約は年棒5億円プラス出来高払いというものでした(最終的に出来高をほぼ満額で受け取り、10億を超える額を手にはしたが)。

その中で、以前からアメリカで報じられていた「大谷翔平を獲得するために必要な金額」では、なんと最初の契約から契約金込みで6年2億ドル以上の金額が必要だろうということでした。

中には8年3億ドルという報道も見られるほど。

これは2016年12月現在の平均レートでいくと345億円ということになります。

年棒にすると約43億という破格の契約です。

これに移籍金に相当するポスティング金の20億を足すと、さらにすごいことになります。

ちなみにダルビッシュの時の移籍金は約60億程でしたが、もし当時のように上限なしであれば大谷翔平選手の移籍金は80億を優に超えるとも言われています。

日本とは違い、放映権料で兆レベルの金額を稼ぐ大リーグ機構に所属するチームだからこそできることですが、それでもその評価の高さには驚きです。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『2017年のメジャー移籍は無理だが2018年は・・・』

トラすん『信頼のトラすんの声』

しかし問題が発生しています。

大谷翔平選手の移籍が無理かも・・・と噂されている最大の理由がこちら。

上述した通り、今オフに改定された労使協定は北米アメリカ大陸以外からの若手選手の獲得に関してかなりの変更がなされており、選手の実力、その評価にかかわりなく25歳以下の選手に払える契約金は500万ドル程度、そして契約もマイナー契約のみということになりました。

プレー自体はマイナーで契約したあとにメジャーに昇格という形をとると大リーグでもプレーが可能になります。

しかし問題は、「安すぎる!!」と言われた今季の日ハムの年俸(2億7千万)よりもさらに4分の1以下になる年棒制限です。

現状通りであれば、それを2017年シーズンから3年間、2019年まで続けなければなりません。

移籍金として所属チームに支払われるポスティングシステムの金額も、現状は20億円が上限にはなっていますがこれも難しいところ(この移籍金の規定は2017年に新たにされる計画なので今後は不明)。

若手獲得にチームが使えるお金の上限が100万ドルに設定されており、それがポスティングシステムにも影響するのかは今のところ明らかではありません。

もしかすると大谷選手の意向に関係なく、日ハムの方が「この移籍金の金額で大谷を売るのは無理」というかもしれないレベルです。

そして本来は40億以上稼げたかもしれない年棒が1億にも満たなくなる部分も大きなポイント。

そしてマイナー契約という、足元が不安定な契約しか結ぶことができないという点もあります。

ちなみに今回の労使協定の変更にさいしてコミッショナーの方から、「日本の大谷翔平であっても特別扱いをすることは無理だ」というアナウンスも出ています(名指しで発表されるところが注目度を集めている証拠にもなっている)。

実際かなりの評判の悪さで、ネット、マスコミ、ファンなどからも総叩きになっているプレス発表だったので(どの国の若手もアメリカに行くのは無理というにきまっている!!という意見)、2017シーズンはこのまま継続したとしても2018年など、早い段階でまた改定されることになるのかもしれません。

2017年オフでの移籍は無理か・・・とファン、そしてチーム関係者も思ったかもしれませんが、大谷翔平選手本人は至って冷静で、お金よりも向こうでのプレーがしたい夢を優先する旨の発言もしています。

来シーズンの中で何かしらの気持ちの変化、もしくは規定の変化があるかもしれませんが、今は流れを見守る他なさそうです。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

『大谷翔平のメジャー!!』by Dr.エモー

Dr.エモー
『Dr.エモーがまとめると・・・』

やはり、大谷翔平のメジャーへの移籍金や契約金は気になりますよね。

メジャーからの評価はかなり高いでしょうし、2017年は難しいでしょうが、

2018年こそは大谷翔平がメジャーへと羽ばたけると良いですね。

めっちゃ日本球界が寂しくはなりますが・・・

最後までお読み頂きありがとうございます!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめリンク集

ページ上部へ戻る