中村俊輔が移籍で磐田へ?横浜Fマリノスが至宝を手放すか?

<FODについての注意書き>

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了します。

中村俊輔 移籍 磐田 横浜Fマリノス

Dr.エモー

訪問ありがとうございます!!
今回も人々の声(People's Voice)を代弁していきますね!!

サクッと『中村俊輔の移籍!!』

中村俊輔 移籍 磐田 横浜Fマリノス

出典元:http://shinya18.exblog.jp/

えっ、ガチで横浜Fマリノス中村俊輔を放出するの??

長年のマリノスの至宝ですし、移籍磐田とかヤメレwww

横浜Fマリノスには中村俊輔を最後まで大切にしていって欲しいのだが。。。

それでは、"PV Exploooooooosion" いってみよ~

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『中村俊輔の移籍先が磐田とかヤメテwww』

PV戦隊エクスプロージョン出動!!

PV戦隊エクスプロージョン出動!!


アンガ郎『怒りのアンガ郎の声』

2013年シーズン以来のJ1での戦いに挑んだジュビロ磐田のファーストステージは脆さを垣間見ることも多かったが、堂々とした戦いぶりだった。

ところが、8月にチームを牽引したMF小林祐希選手がヘーレンフェイン(オランダリーグ)に移籍すると、広島から期限移籍中のMF川辺駿選手が奮闘するも序盤の勢いは失速、最終的には残留争いに加わる年間13位という成績で2016年シーズンを終えた。

後半戦に奮闘した川辺駿選手の広島復帰が濃厚のこともあり、11月始めに続投が濃厚となった名波監督が来期に向けて中盤の選手補強の目玉として、過去には共に日の丸を背負ったこともある横浜Fマリノスの中村俊輔選手獲得に向けての報道が各種メディアを通じて報じられました。

名波監督、そしてジュビロ磐田は戦力としての評価はもちろんのこと、これからジュビロ磐田を背負っていくであろう若手への良い手本であり刺激なども含めてのことだとは思います。

 

横浜Fマリノス側からしてみれば中村俊輔というかけがえのない至宝を手放すだけでなく、ジュビロ磐田の選手育成に手を貸すことになりかねないのですから、選択権は中村俊輔選手本人にあるものの、移籍を安易に容認するような愚考に及ばないことを願うばかりです。

11月20日には正式オファーのニュースも報じられまいたが、今のところは目立った進展はないようです、実際のところ中村俊輔選手本人はどう思っているのでしょう、といっても、それは本人のみぞ知るところ下手な勘繰りは止めておきます。

筆者としては、怪我はあったもの出場した試合での走行距離は常に上位にランキングされるなど38歳という年齢を感じさせはしないものの、やはり既に引退へ向けてカウントダウンは始まっていると思っています。

 

仮に移籍となると、最後に所属したチームが横浜Fマリノスでもセルティックでもない縁もゆかりも無い

ジュビロ磐田なんて悲しすぎませんか。

中村俊輔選手本人がどのように今後の選手生命を全うするかを考えているかは部外者である筆者には皆目検討つきませんが、何かをやり遂げて綺麗な引き際を飾って欲しいですね。

 

例えば惜しくもJ1昇格を逃し来期もJ2での戦いとなる松本山雅に移籍するというのはどうでしょう。

故松田直樹選手が在籍し、現在は横浜Fマリノスに所属した田中隼磨選手が中心となり、熱狂的な地元サポーターの応援もあります。

そんな松本山雅をJ1昇格に導いて引退するなんて格好良いと思うんですけどね。

もちろん、松本山雅の運営資金を考えれば、中村俊輔選手がサラリー的に相当の男気をみせない限り実現は不可能ですけど。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

People’s Voice『横浜Fマリノスが中村俊輔を手放すとか悲しい(泣)』

佐渡ネス夫『悲しみの佐渡ネス夫の声』

ユースには当時体格的には恵まれなかったために昇格できなかったものの、横浜で育ち現在の横浜Fマリノスジュニア・ユースから着実にステップアップしていった中村俊輔選手はまさに横浜Fマリノスの至宝的な存在であったはず。

ところがシティ・フットボール・グループとの業務を提携をきっかけに招聘したフランス人監督のモンバエルツ監督就任以降、怪我による影響もあるにせよ出場時間は減少傾向に至っている。

また、先に報道された中沢佑二選手の大幅減棒、まだまだ不動の右サイドバックとして数年は活躍できると思われる小林祐三選手と契約更新しないなどなど、軒並みベテランの域に達した選手達に大鉈を振るっている。
シティ・フットボール・グループの意向が大きく見え隠れするが、横浜Fマリノスは過去にもクラブに貢献してきた多くの選手達に同じような対応をしてきている。

 

Jリーグ創設以降では日本代表のワールドカップ初出場に導いた際のDFリーダであった現アビスパ福岡を指揮する井原正巳監督、日本初開催の2002年ワールドカップでDFの中心であった故松田直樹選手をはじめ、クラブに貢献した選手達の引き際は常にサポーターを中心に物議を醸し出してきた。

過去のこれらの対応によってクラブが失ってきたものが大きいことに気づかないのだろうか。

そして今回の中村俊輔選手の移籍報道、前述した通りモンバエルツ監督就任以降は怪我の影響もあり出場時間は減少しているのだが、それ以上に指揮官との不和なども巷では噂されている。

シティ・フットボール・グループは目先のコストカットを最優先と思われるのだが、中村俊輔選手を手放すことが運営面からしてもプラスになるとは思えないのだが。そもそも中村俊輔選手は現在のJリーグに在籍する選手の中では、今でもお金を払ってでも見たい価値のある選手でしょ。

 

放出となれば横浜Fマリノスのサポータに限った話ではなく中村俊輔選手を見たいという人達の足をスタジアムから遠のかせる要因になりますよね。

横浜Fマリノスのサポータにしてもクラブへの不信が積もれば離れて行く人もいるはずですし、先にジュビロ磐田への若手選手への影響でも書いていますが、これからの横浜Fマリノスを背負っていく若手への影響も見逃せない。

そして何度も繰り返されるクラブに貢献しながらもビジネス・ライクに選手を切ってしまうと言ってもいいやり方は、今後の選手獲得にも大きく影響してくると思うのです。

シティ・フットボール・グループの意向、モンバエルツ監督の意向はあったとしても、中村俊輔選手を手放すなんて横浜Fマリノスというクラブを応援してきた人達にとっても悲し過ぎる選択にしか思えない。

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

『移籍せずに横浜Fマリノスに残り続けて欲しい中村俊輔!!』by Dr.エモー

Dr.エモー
『Dr.エモーがまとめると・・・』

如何でしたでしょうか??

筆者と同じ考えの横浜Fマリノス・ファンが多いのではなかろうか??

中村俊輔は横浜Fマリノスの永遠のアイコンでしょうし、ずっとマリノスで選手を続けて欲しい。

そして、ゆくゆくは監督とかコーチとかもやって欲しいですよね。

移籍せずに、横浜Fマリノスに残留して欲しい!!

最後までお読み頂きありがとうございます!!

指  →TEPCOスマートホームの評判を口コミします!

スポンサードリンク

今話題のニュースをさらにチェック!!

指  >>今日の芸能ニュース速報最新へGO!!



SNSシェアもよろしくお願いします!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめリンク集

ページ上部へ戻る